Weekend Modeler

- ガレージキット・フィギュア制作日記 -

Counter

1/5.5 すずみ(潮騒)

原型製作:慶子 氏 / 販売元:クルシマ製作所 / 原作名:オリジナル作品

制作期間:制作期間:2014/2/10~2014/2/17

制作後記
慶子氏原型の"すずみ(潮騒)"です。
以前改修版の"すずみ~潮騒~"を製作した際に、オリジナル版のこのキットも絶対に製作してみようと思っていました。
こちらのキットはたまに通販を利用させて頂いている里見デザインさんの通販で購入しました。

1/5.5スケールだけあって存在感があります。
小さいスケールのキットも可愛くていいのですが、やっぱり1/6スケール前後あると見ごたえがあるというか、立派に見えます。

このキットの見どころは、やはりお尻のあたりの塗れた感じを表現する、透け塗装でしょうね。
ただ、ワンピースの前パーツは広範囲に継ぎ目消しが必要な箇所があるので、その部分の処理が複雑で、結構大変でした。
最初から接着しておいて塗装したかったのですが、そうすると絞るために持ち上がっているようになっている部分の裏側が形状的にちゃんと塗装できなさそうなので、塗装・接着後に継ぎ目消し→再塗装という形をとりました。

継ぎ目は服のシワやレース模様の部分にもかかるので、不自然にならないようにひたすら均すようにヤスリがけするのは根気のいる作業でした。

透け塗装後、衣装の全体にパール塗装してから、塗れている設定のお尻部分以外はツヤ消しにしています。

髪は私の好みで、作例写真よりも濃い目の茶色にしてみました。
チラッとだけ見えるヘアゴムは赤です。

折角なので、以前いつ使ったかもう覚えていないくらい眠らせていたクリアタルゲルを引っ張り出してきて水滴表現を追加。
ゲルはずいぶん放置してあったので「もう使えなくなってるかな?」と思ったのですが全然普通に使えました。
画像ではわかりにくいですが、手元と、足首~ふくらはぎ、それからワンピースの裾から太ももの辺りに水滴がをつけてみました。

ベースは、まず東急ハンズで買ってきたカナリア砂に木工用ボンドを水で薄めたものを混ぜ込んで、塩ビ版で円周部分を囲ったアクリル板の上に盛って整形し、乾燥させました。
大体固まったところで塩ビ版を外し、砂がこぼれ落ちてこないように更に瞬間接着剤でカチカチに固めて砂浜を表現しました。
その上に、以前海で拾ってきた小さい貝殻を配置し、これも接着剤でガッチリとくっつけています。